家系図の作成


家系図づくりのご案内

 家系図は、ご依頼された方の一番古い除籍謄本から現在の戸籍謄本までの情報を読み解いて作成します。

 これまでこ依頼された方では、古くはおおよそ200年前・江戸時代後期の方のお名前も出てくることもありました。

 

 作成費用は、1系統50,000円、2系統90,000円(消費税別)です。 (1系統とは、片方の親の祖先を遡り、2系統とは両親の祖先を遡ります)

 戸籍・除籍謄本が整った時からおおむね1週間以内にファイルに入れてお渡し できます。

 

成果品

  • 家系図 CD-RWに記録したデータと紙べース(A3) 1枚
  • 解析報告書 1部
  • 歴史年表 1枚

 CD-RWに記録された情報に新たな情報をご自分で追加することができます。たとえば、孫が生まれたとか、子供が結婚したなど。

 1度作りました家系図は、子孫に残すことができます。

「新しい家族」づくりのスタートとして、子供さんの結婚のお祝いに贈ることをお勧めします。


作成された方の声

家系図の作成のご依頼をいただいた浜松市中区のMさんに、作成結果の報告後の感想を伺いました。

 

宮地 ご覧になった報告内容はいかがでしょうか。 

Mさん 約200年前からの家族のルーツが判ったことは大変良かった。

宮地 江戸時代の後期、文化8年(1811)の生まれた方のお名前から判明しています。この時代は浮世絵などの文化が盛んだったころで、Mさんから6代前に遡ったご先祖様です。

Mさん 生前の祖父は、自分は長男だと思っていたが戸籍上は3男だったのには驚いた。

宮地 おじいさんが生まれる前に、男の子2人が生まれて直ぐに亡くなっていました。家督を相続したおじいさんは長男だと思い込んでいたのでしょう。

Mさん おじいさんの兄弟姉妹が12人もいたとは。

宮地 今と違って10人以上の子供さんが生まれる家庭が多かった半面、全員 が成人するまで健やかに育った家庭は、ごく稀のようですね。

Mさん 家系図のほかに先祖の経歴を書いた報告書は、親類の人たちに説明するときに役立つと思う。

宮地 1人の方の経歴は①生まれたとき②結婚したとき③亡くなったときが基本ですが、戸主(家長)となった方は④家督相続したとき⑤家督を譲ったときのデータが添えられます。何歳の時、だれと結婚したのか、何歳の時に亡くなったなど自分で調べる必要はありません。

宮地 お孫さんが結婚した時には配偶者のデータを追加し、データのコピーをお孫さんに渡されたらどうでしようか。新たな家庭の門出に家族の絆を大切にするきっかけにされてはいかがでしょうか。


中日ショッパー2017年1月6日の紙面にて紹介されました